ザイザルの薬の強さ

抗ヒスタミン薬の中で副作用が少なく使い勝手の良い薬としてザイザルが挙げられ、即効性や効果の持続時間などの優位性からも、花粉症などのアレルギー疾患の患者の多くに処方されています。ザイザルの有効成分であるレボセチリジン塩酸塩は、元は強力な抗ヒスタミン薬とされたジルテックの光学異性体です。光学異性体とは鏡合わせに存在する分子構造のことで、AとBに分かれていたとして、薬効はどちらも同じなのに対し、副作用がBで強く発生する場合、Aのみを抽出して副作用の少ないものにするというものです。細かい原理は省きますが、ジルテックの効果をそのまま残し、脳内にまで到達してヒスタミンを抑制することで強力な眠気を誘発していた部分を取り除いたものと考えれば良いでしょう。ザイザルは抗ヒスタミン薬の中で問題となっている眠気を含む複数の副作用のリスクを減らし、安全に飲むことができるようになった抗アレルギー薬ということになります。アレルギーを抑える強さを数値化することは叶いませんが、ジルテックの効果の高さを知っている人なら納得のいくものでしょう。これまで販売されている第二世代抗ヒスタミン薬の中でもトップクラスの抑制効果を持っているため、大抵のアレルギー症状にはザイザルだけで抑えることが可能です。薬の効果は高いほど副作用が強くなるというのが通説ですが、ザイザルはこれに当てはまらない性質を持ち、比較的安全に服用することができるようになっています。とはいえ、副作用が全く起こらないというわけではなく、ある程度は眠気を誘発するようにはなっているので、日常的に車の運転や機械の操作をするような人は、服用してから数時間は控えるようにしましょう。購入したい場合はわざわざ病院へ行く必要もありません。通販で簡単にザイザルが手に入る時代ですので一度注文してみるのも良いでしょう。

ザイザルと眠気の関連

ザイザルは、花粉症対策の薬として、人気があります。ただ、どんな薬にも副作用があり、ザイザルも眠気や倦怠感などの副作用のリスクが多少あります。ザイザルは、抗ヒスタミン薬が眠気を引き起こす可能性があり、眠気を強く感じる場合もあります。そのため、自動車を運転するときは危険を伴うため、運転を避けなくてはいけません。また、飲酒すると眠気や健太間が強くあらわれることもあるので注意が必要です。ザイザルは、スーパージルテックという開発名で、ジルテックの短所を消し長所を伸ばした薬です。薬の強さは、あれロックの次に強く花粉症だけでなく、じんましんやアトピー性皮膚炎すべてにまんべんなく効果があるのが特徴です。ヒスタミンは、さまざまなアレルギー反応を引き起こす化学物質の一つで、肥満細胞に蓄えられている細胞の一つです。その肥満細胞は、体内のあらゆるところに散らばり、脳をはじめとして重要なところに配置されています。もともとヒスタミンは、集中力を高めたり、眠気や食欲を抑えるなど、体にとっては非常に重要な働きを担っていますが、このヒスタミンが大量放出されてほかの細胞とくっついたときに、さまざまな反応があらわれてしまいます。ヒスタミンが過剰に分泌されることが、アレルギー反応と呼ばれるもので、異物が入ってきた場合には、くしゃみとして異物を追い出したり、血管が膨張して異物をひっかいて取り除く反応が、かゆみや蕁麻疹としてあらわれます。また、異物が気管に入ってきた場合には、咳が止まらなくなったり、喘息といった症状を引き起こします。ザイザルは、ヒスタミンがほかの細胞とくっつかないようにする目的で作られた薬で、1日1回服用することで、1日効果が持続するのが特徴です。

ザイザルと他の薬の併用

ザイザルは皮膚のかゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンと言う化学物質の放出を抑え、さらに受容体に結合する働きを抑える作用を持っています。このヒスタミンは花粉や家のホコリなどハウスダストが体内や皮膚に触れることで免疫系細胞から放出され、過敏症状を起こすようになっていますが、脳内では活性化作用を持っていて、思考力や判断力を高める働きをします。そのため、完全な悪者とは言えず、体内においては非常に重要な役割を持っている物質となります。ザイザルを含む抗ヒスタミン薬は通常なら体に発生するヒスタミンの働きを抑えるのですが、稀に脳内に侵入して脳の活性化を抑制してしまいます。これが抗ヒスタミン薬で起こる眠気の正体で、頭がぼんやりすることで眠気を誘発するようになっています。この抗ヒスタミン薬作用は少ないながらも風邪薬などにも含まれていて、ザイザルと一緒に併用することで、通常よりも強い眠気を誘発するおそれがあります。生命の危機に関わるような問題ではありませんが、思考力が極端に落ちることで仕事に集中できないといったこともあるため、飲み合わせには注意しておきたいところです。また、精神を安定させる働きのある睡眠薬、抗不安薬などの中枢神経抑制薬も同様に、神経系の副作用を強めてしまうことがあるので禁忌とは言いませんが併用には注意しましょう。その他には喘息治療薬のテオフィリン、抗HIV薬のリトナビルは相互作用を引き起こし、抗不整脈のピルシカイニドは血中濃度を急激に上昇させるおそれがあります。極端に飲み合わせに注意するものは多くありませんが、体の調子を悪くすることもあるのでなるべく注意はしておくと良いでしょう。

トップページへ