ザイザルと熱とトマトについて

春の訪れは心をワクワクさせますが、花粉症には悩まされます。花粉症の症状は、風邪の症状と似ている部分もありますので、熱っぽさを感じたりすることもあるでしょう。花粉症でのあれに悩んで辛いなら、病院でザイザルを出してもらうことです。花粉症はいっときですが、花粉症対策にもなるというトマトを、日頃から食べてみましょう。

トマトの野菜には特徴的なリコピンが含まれていて、体内で有害となる活性酸素を抑える作用があります。それが老化防止効果のある、強い抗酸化作用の働きです。リコピンの持つ抗酸化作用といいますのでは、βカロテンの栄養素よりも、もっと強いものとなります。太陽からこぼれ落ちてきます紫外線から、人間の肌を守り続けてくれます。その働きで美白肌を助けてくれますし、たるみやシワを予防するためにもなります。

そればかりかリコピンは体内において、動脈硬化やがんを予防するためにも、役立つ成分です。栄養が高い野菜ではありますが、加熱をしたり熟したりしますと、その栄養素は減少をしていくことになります。そんな中でトマトのリコピンは少し違って、加熱調理をしても熱に強いので、吸収力が高まります。ソースにしてりジュースにしても、同じように体の中での吸収が高まることになります。

現代人には肥満が目立つようになりましたが、トマトには中性脂肪の数値を減少させる作用があることが、近年の研究で発見されています。リノール酸と同類の成分によって、肝臓での脂肪燃焼をするタンパク質のサポートになります。トマトはダイエットに良い野菜であり、脂肪燃焼を活発にさせますし、食物繊維は便通を穏やかなものへと変ええくれます。食事の脂質吸収も、トマトのパワーで緩やかになります。

トップページへ