ザイザルと遅発性とコンドームについて

花粉症のアレルギーをはじめ、今や日本ではさまざまなアレルギーで悩まされています。コンドームなどのゴム製に品によってもアレルギー症状は起こることもあるので、何が原因となるかはわからない部分があります。花粉症の鼻炎が発症したら、ザイザルでの他所もできますが、遅発性アレルギーなども最近は存在が分かってきています。なんとなく体調が良くないと思ったら、実は遅発性アレルギーであったというケースが、ここ数年で見受けられるようになってきています。

日本においてはアレルギー症状はもはや、国民病にもなっています。食べた食品が原因となり、それが引き金で起こるのがフードアレルギーです。アレルギーの原因物質であるアレルゲンをとり入れると、肌がかゆくなったり、蕁麻疹が出てきたりするのはよく知られる症状でしょう。

フードアレルギーは意外に多くの人が関わりますが、すぐに症状が出るのは即時型です。しかしアレルゲンを摂取してから、すぐにアレルギーが出てこないことがあります。時間が数時間経過したり、数日かんしてから、フードアレルギーが出てくるのは、遅発型のアレルギーです。だからフードアレルギーといっても、大きくは2つの種類があるということになります。

遅発型のフードアレルギーの不調は形状が様々で、気が付きにくいのも特徴です。倦怠感があり肩こりもひどく、やけに肌荒れを起こしやすくなります。精神的にも落ち着かないで、イライラとしやすくなるなど、アレルギーだとは気が付きにくいのです。体調の不調は、体質や年齢のせいと決めつけてはいけないのは、食品によってこうした遅発性フードアレルギーがあるためです。病院ではフードアレルギーの検査ができるので、診察を受けることです。

トップページへ