鼻炎やバリウムアレルギーにはザイザルが効果的

ザイザルは、花粉症が原因で起こる鼻炎や鼻水、くしゃみ、鼻づまりの症状の緩和に効果的な薬で、花粉症薬の中でも、効果が強い薬のため、症状があらわれてから飲んでも、十分に効果を発揮することができます。
ザイザルは、花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎、バリウムアレルギーアレルギーなどの治療に使用されている抗ヒスタミン薬で、強力な花粉症薬ジルテックの眠気作用を抑えた、改良薬として開発されたものです。
主成分は、レボセチリジン塩酸塩が使用され、アレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミン受容体の働きを、レボセチリジン塩酸塩が抑えることで、症状を緩和させます。
病院で処方される薬なので、ドラッグストアなどで購入することはできません。ただ、医薬品を専門的に扱っている通販サイトであれば、処方薬と同じザイザルを入手することは可能です。

ジルテックとザイザルは、花粉症の処方薬の中でも、比較的効果が強めの薬です。
どちらも花粉症のアレルギー症状を緩和する抗ヒスタミン剤で、持続性と即効性があるため、1日1回の服用で効果は持続します。
ジルテックに比べると、ザイザルは副作用の眠気はでにくくなっていますが、個人差はありますが、それでも眠気がでる場合があります。
その眠気を回避するには、服用の時間を調整することが必要です。
処方薬と市販薬の大きな違いは、価格で、処方薬には、薬価以外にも診察料や調剤料が加算されるため、価格が高くなりますが、保険適応の場合には、自己負担額が合計の3割になるので、市販薬に比べ処方薬の方が安価になることがほとんどです。
服用するときの注意は、どの薬でも同じですが、発疹やかゆみなどのアレルギー症状がでたことがある人は、服用をさけ、腎臓や肝臓障害、てんかんなどの既往歴がある人の服用は、必ず医師に伝えることが大事です。

トップページへ